【テレアポ】粘るべき?留守や留守電の場合の対処法

Pocket
LINEで送る

デレアポとして電話をかけた時
代表(決済者が留守)、もしくは留守電・コール音のみの場合
日にちを置いてもう一度その番号にかけるか、かけないか

留守な所はスルーして
新規をどんどんかける派

留守だが別の日時なら
繋がるかもしれないので数回追う派

これは「かける派」と「かけない派」に分かれます
人によっても違うし正解はないとは思います

ちなみに私は、何となく良さそうだなと感じた架け先については
1週間以上時間をおいて、最大で4回まで粘り、追います
4回以上追っても代表に繋がらなければ諦めています

<留守でも数回追う理由>

電話をかける相手の数は限られている
しかも、全国各地にテレアポの仕事をしている人がいる

留守だった場合、もう追わずに再び電話をかけない場合、
どうしても、すぐにリストが枯渇してしまう…

留守の場合は1コール当たりの時間も
そんなに時間はかからないし
繋がったらチャンスに繋がるわけだから、
私は1度目の電話で留守でも、数回かける戦略を取ります

<1度きり派も正しい>

ですが、留守だった場合はスルーして見向きもせず、
次々と新しいかけ先にかけ続けるのも戦略として正しいです

リストの消費量は激しいけど、
それだけ色々なかけ先にかけているので
チャンスを掴む可能性が高いです

留守だった場合、追うか、切り捨てるか…
こればかりは好みの問題だと思います

リストが豊富にある場合は追わない
リストが少なめの時は追う

等、臨機応変な対応するというのも良いと思います

Pocket
LINEで送る