テレアポしたら怒られる…電話営業時のクレーム・暴言はどう対処すべきか

Pocket
LINEで送る

相手からの反論、疑問、怒りに動じずに対応できるようにしよう

<クレーム対応の仕方>

テレフォンアポインターは知らない相手にイキナリ営業電話をかける仕事
普通に考えたら迷惑行為に近いので
電話相手に怒られることがしばしばある
ときには暴言を吐かれたりすることもある

しかし、このようなクレームに関して言えば
受信のコールセンターに比べるとかなり楽ではある

その理由としては
コールセンター(受信)の場合は、クレームを言いたくてかけてくる人がいる
だから、相手の話は長引くし、インバウンド(受信)の仕事なので
こちらから電話を切ることもできない

しかし、アウトバウンド(発信)の場合は違う
相手が怒る主な理由は
「この忙しい時に営業電話をかけてくるんじゃねぇよ!」であるので
コチラから、早めに切る流れに持ち込めば良い

「わかりました、お忙しい中、失礼いたしました(切電)」で
大抵のクレームは対処できる

中には、ネチネチと話してくる人もいるが稀である
10000件以上かけたけど、1件くらいしかそんなケース無かったかな

<クレーム・アウト返しのコツ>

  • テレアポ(発信)のクレームは、コチラから電話を切る流れに持っていけば基本的に解決する
Pocket
LINEで送る